屋根・屋根瓦のリフォーム工事。屋根瓦の葺き替え工事・修理を大竹市を中心に広島県、山口県にて施工。石州、三州、淡路瓦、各種洋瓦取り扱い。

渡部 渡部瓦産業
(0827)53-2374
(0827)53-5233
info@watanabekawara.com

屋根・屋根瓦のリフォーム工事。葺き替え工事・修理。広島県、山口県にて施工。太陽光発電・ソーラーパネル取り扱い。

お気に入りに追加
contents
トップページ
屋根の修理時期
ガイドライン工法
屋根瓦施工例
地震に強い瓦屋根
おすすめ瓦
屋根業者が行う太陽光発電
訪問業者に注意
会社概要
お問い合わせ
サイトマップ
リフォーム

TOP >> 屋根の修理時期

屋根の修理時期

平板瓦(カラーベストなど)

「退色」は屋根材としての寿命を終えたというサイン
そのまま放置しておくと、どんどん給水率は高まり、カビやコケなどが発生します。ほとんどの場合、屋根下地には野地板ではなくコンパネが使用されていますので、雨水侵入はもちろんのこと、湿気による腐食の進行もかなり速いのです。
平板瓦(カラーベストなど)
平板瓦(カラーベストなど)
平板瓦(カラーベストなど)
このような屋根材の場合、1枚ずつ取り外して点検をするということが出来ません。
だからこそ早めのお手入れが必要になります。

釉薬瓦(ゆうやくかわら)

屋根の表面を見ただけで判断していませんか?
重要なのは目に見えない部分です!
「瓦」一枚一枚の裏側に、カビが発生!!(白色部分と緑の部分がカビです)
かなりの湿気があり、つまりそれは家の中からの湿気ではなく、最も目に見えず危険な瓦の透水現象が引き起こしているのです。これは、瓦が寿命をむかえましたよ!というサインです。そのまま放っておくと家を腐らせてしまいます。
釉薬瓦(ゆうやくかわら)
釉薬瓦(ゆうやくかわら)

瓦屋根の接着(コーキング)工法は大変危険です

「瓦屋根の接着(コーキング)工法は大変危険です」近年増加している工法。最終的に甚大な被害をもたらす事になりかねません。
瓦屋根の接着(コーキング)工法は大変危険です
瓦屋根の接着(コーキング)工法は大変危険です
そのまま放っておくと瓦を替えるだけではなく、屋根板や柱など家本体を腐らせてしまい、被害も負担も大きくなるばかりです。詳しくはお気軽に御問合せ下さい。
瓦屋根の接着(コーキング)工法は大変危険です
瓦屋根の接着(コーキング)工法は大変危険です
瓦屋根の接着(コーキング)工法は大変危険です
▲ページのトップへ